エアコン

エアコンが冷えなくなった。

  • エアコンフィルターが汚れていませんか?
    エアコンの前面パネルを開いて内部を確認して下さい。内部にはエアフィルターがあります。
    エアフィルターが汚れていると室内機の送風が妨げられ、冷えが悪くなります。
    掃除機又は水洗いで汚れを取り除いて下さい。
  • 熱交換器が汚れていませんか?
    内部の熱交換器(アルミのフィン)にも汚れが付着していないかご確認ください。汚れがひどい場合は室内機の送風が妨げられ冷えが悪くなります。熱交換器の汚れは簡単に取り除く事が出来ません。本格的にエアコンクリーニングしなければなりません。是非、ご相談ください。
  • ガス漏れかもしれません。
    室外機側にまわり、配管接続部カバーのビスを外し、配管接続部を確認して下さい。
    室外機と配管パイプの接続部が下記の様に全体的に水滴が付いて冷たければ正常です。
    もし、室外機と配管パイプの接続部の細いパイプ側に白く霜が付着していたら、
    フロンガスが漏れて不足しています。霜が付くと下記の様に配管が真っ白になります。
    この様な場合はガスの補充が必要となり、ガス漏れ箇所の補修も必要です。

    コンプレッサーが冷房運転をして動いているにも関わらず、パイプの接続部に水滴が付かない
    場合はガスが完全に抜けているか、コンプレッサー等ガスが循環する系統の故障となります。
    この場合は、高額修理になるケースが多くあります。配管接続部に多量のオイルが付着している
    場合はガス漏れの可能性が高いと思います。

吹き出し口から変な臭いがする。

  • エアコンの風の出始めからの臭い。
    エアフィルターやエアフィルター奥の熱交換器、室内機のファンなどに付着したホコリや
    カビからニオイが発生しています。クリーニングが必要です。
  • エアコンを使用していないのに臭い。
    使用していないのにエアコンから臭いがする場合は外部の臭いが侵入している可能性があります。
    ○ドレンホースから下水のニオイなどが侵入しているかもしれません。
    ○換気機能付きエアコンのダクトから屋外のニオイが侵入しているかもしれません。
    仮にホースやダクトの末端をビニールなどで被いニオイが無くなるかご確認ください。
    確認後は必ず取り外して下さい。

取付位置を変えたい。

  • 取付位置を変えるには一度エアコンを取外さないといけません。
    取外し料金と取付料金が別途掛かりますのでご注意ください。
  • 再取付する場所によっては配管の延長や新規架台も必要になるかもしれませんので、
    お見積りをしたほうがいいと思います。当社は見積もり無料ですので
    お気軽にお問い合わせください。